消費者金融の金利について

消費者金融の金利について

消費者金融からお金を借りる際には金利を支払わなければなりません。その金利がどれくらいかご存知でしょうか。

これは、貸金業法というものによって上限が定められており、10万円未満は20%、10万円以上100万円未満であれば18%、それ以上が15%となっています。ほとんどの方は上限金利が18%となる10万円以上100万円未満で契約をしているので、消費者金融の金利は18%だと頭に入れておくと良いでしょう。
消費者金融、即日キャッシングの注意

注意しなければならないこととして、この金利は貸し付け金額ではなく貸し付け枠によって異なります。そのため、同じ15万円を借りたとしても貸し付け枠が50万円の方は金利が18%、100万円の方は15%となるわけです。

この金利というのはあくまで法律で認められている最大の金利であるため、もっと低い金利で借りられる業者がいるのではないかと探している方もいるかもしれません。例えば、貸し付け利率が5.0%~17.8%の業者があった場合、「もしかしたら5%の金利で貸してもらえるかもしれない」と考える方もいるはず。

しかし、下限金利が適用されるのは大きな金額を借りたときのみだと思っておいた方が良いでしょう。または金利交渉をすることによって適用金利が変わる場合もあります。

いくら借りたらいくらの金利が適用されるかというのは各業者のホームページで確認できる場合もあるため、気になる方は先に確認しておくと良いですね。

それから、商品によっては初めから低金利が適用されることもあります。 例えば、おまとめローンや借り換えとして契約できる業者は金利が低めに設定されていることも多いので、こういった所を検討するのも良いでしょう。

自分の場合はいくらの金利が適用されるのかを確認し、支払う金利額についても頭に入れておくのがおすすめです。計算方法はとても簡単で、18%の金利で10万円を借りる場合は年間で10万円×0.18となり、18,000円の金利がつくことになります。

元金を返済していけば金利も減っていくので、できるだけ早く元金が減らせるように調整してみましょう。

急いでキャッシングしたい人はここに注意!

キャッシングを検討する理由は人によって違いますが、とにかく急いでお金を用意しなければならないためキャッシングを利用したいと考えている方もいるでしょう。注意しなければならないこととして、申し込みをする時間帯や曜日によっては即日キャッシングが難しくなってしまう場合もあります。

まず、一般的に即日キャッシングの流れとしては、申し込み後に審査が行われ、契約が済むと自分の持っている銀行口座に希望額を振り込んでもらえるものです。

そのため、振り込みが可能な時間帯に申し込みを済ませておかないと、即日融資が難しくなります。例えば、「即日融資に対応している業者だから、何時でも大丈夫だろう」と考えて夕方に申し込んだりすると即日融資が受けられない可能性も高くなるわけです。

多くの銀行では振り込みの受け付け時間が平日の15時までとなっています。つまり、消費者金融から即日融資を受けるためには、その前までに手続きを終わらせておく必要があるということ。 融資前には審査なども行われるので、これらがすべて時間内に済んでいなければなりません。

近年は審査や契約に関することがスムーズに行える業者が増え、申し込みからすべてが完了するまで1時間程度という業者がほとんどです。だからといって14時頃から手続きをスタートしてしまうと間に合わなくなってしまうことも考えられるため、できるだけ早い時間帯に申し込みを済ませておきましょう。

例えば、今日は銀行の営業時間が終わってしまったものの、明日中に融資を受けたいと思っているのであれば、今日のうちにネット上から申し込みを済ませておいた方が良いわけです。

また、キャッシング業者が提携している銀行の口座を持っていると、24時間365日いつでも振り込み依頼ができる場合があります。そういった銀行口座がない場合でも無人契約機でカードを受け取り、提携ATMなどでお金を引き出す方法もあるので、こちらも検討してみると良いでしょう。

専業主婦がお金を借りるには

専業主婦でも生活費が足りなくなったなどの理由からお金の借り入れを検討している方も多いはず。ですが、専業主婦は消費者金融からお金が借りられないという話を聞いたことがあるかたもいるでしょう。

これは、消費者金融から借りられるお金は年収の3分の1までの金額と総量規制によって決められているからです。主婦でもパートやアルバイトをしていれば消費者金融からキャッシングすることは不可能ではありませんが、専業主婦の場合は不可能だと思った方が良いでしょう。

まず、専業主婦の借り入れとしては、どれくらいの金額・借入期間が多いのかというと、最も多いのは1万円以上5万円未満となっているようです。借入期間はそれほど長くなく、ほとんどの方は給料日までのほんの数日をやりくりするために借り、給料日が来たらすぐに全額返済しています。

これは、利用者からすればとても魅力的な借り方ではありますが、消費者金融からすると大した儲けに繋がらないのです。消費者金融の中には夫の収入証明書を提出することで配偶者貸し付けが利用できるものもありますが、消費者金融からすれば、そのような手間をかけてまで専業主婦に少額の融資をするメリットがありません。

消費者金融は利用者からは金利を取ることで成り立っているので、主婦に少額の融資をするよりも、自身に収入がある方に対してまとまった金額を貸した方が儲かるわけです。

では、自身に収入のない専業主婦はどうすればいいのかというと、銀行から借りる方法がおすすめです。というよりも、消費者金融からは借りることができないため銀行から借りるしかありません。

消費者金融の中にも配偶者貸し付けに対応しているところはあるようですが、大手と呼ばれるような業者はほとんど行っていないのが現状です。中小業者の中には配偶者貸し付けを行っているところもありますが、そういった業者を利用する際には必ず評判などを確かめてから申し込みをしましょう。

全く評判などに関する情報が出てこないような業者は危険なので避けるべきです。

このページの先頭へ