低金利で借りれるのがキャッシングのメリット

借金の負担は金利の負担と等しいので、お金を借りるときにはなるべく低金利のサービスを探さなくてはいけません。その点、キャッシングは法律的な規制によって必ず低金利でお金を借りることができますので、消費者にとっては非常に安全性の高い融資として利用することができます。これは、消費者金融が提供するカードローンであっても同じなので安心です。

確かに、従来まではキャッシングのような、個人の消費者に対する金利の法整備は曖昧でした。その影響で、過払い金などという返済しなくても良いお金を消費者が負担しなくてはならなくなったことも事実です。しかし、このような問題はすでに法律的にも解決済みで、少なくとも法改正をされてからは過払い金は一切生じることはなくなりました。

従来までの金利の問題点というのは、キャッシングやカードローンに利用できる金利の法律が二つもあったことです。それぞれの法律を出資法と利息制限法と言い、これら二つの法律によって生じる上限金利の範囲の違いのことをグレーゾーンと言いました。

法改正がされてからは、グレーゾーンを利用することができなくなったのはもちろん、その間で金利を請求していた業者は過払い金の返還請求をすることによって支払いすぎたお金を消費者に返さなくてはいけなくなりました。つまり、金利での不安定な側面はキャッシングでは完全に無くなったのです。

キャッシングが安心して借りることができるのは、こうした法整備をきちんと進めてきたからです。実際に、利息制限法一つに法律が統一されてからは、金額ごとにそれぞれ金利の上限が決まるようになり、大きな負担を強いられることは無くなりました。

大手の銀行系の消費者金融では消費者に対して無利息でキャッシングを提供しているところもあるくらいなので、最も信用性の高い融資に成長しています。金利が低いということは、月々に消費者金融に対して支払う利息分が小さいことを意味しますので、負担を感じることなくお金を借りることができるわけです。

メニュー

ページの先頭へ