年金受給者がキャッシングするときに気をつけたいこと

仕事を定年退職し、年金で生活をしているという方も増えてきました。年金は安定的で保証された収入ですからキャッシング利用も簡単と思われがちですが、実はそうではありません。年金受給者がキャッシングを利用するにはいくつか注意しなければならない点があるのです。

・消費者金融は利用が難しい

年金は公務員給与などと同じくとても安定した収入です。にも関わらず、年金収入では利用できないキャッシングが多くあります。それは消費者金融のキャッシングです。これらは年金収入のみでの利用を認めていません。その他に収入がないと審査では落とされてしまうのです。年金のみで生活しているという方は消費者金融に申し込むのは避けたほうがよいでしょう。

・銀行キャッシングならOK!

消費者金融のキャッシングは年金のみでの利用は不可ですが、銀行カードローンなど銀行キャッシングは年金収入のみでもOKというところが多いです。いったんOKとなれば年金は安定収入ですから、審査には問題なく通ることでしょう。銀行は専業主婦への貸付など、給与所得者以外への融資を積極的に行っているところが多いです。そのため、年金受給者の利用も積極的に認めているのかもしれません。

・ただし、年齢制限が・・・

「それなら銀行キャッシングに申しこめば何も問題ないよね」とお思いでしょう。ところが、銀行キャッシングを利用するとなると別の問題が浮上してきます。それは年齢制限です。一般的に消費者金融は利用可能年齢の上限が高く、銀行キャッシングは利用可能年齢の上限が低いという傾向があるのです。

だいたい65歳で利用不可能となってしまうため、いくら年金受給者が利用可能といっても、年齢の上限に引っかかってしまい、結局銀行キャッシングを利用ができなかったという結論になってしまうケースもあるのです。年齢制限にかかってしまうとどんなに収入があっても審査には通りません。

従って、アルバイトなどで年金以外の定期収入を得て、年齢上限の高い消費者金融キャッシングを利用するしかないでしょう。

メニュー

ページの先頭へ